ケニーの参戦が難しくなったからMOXを投入してきたのか?

プロレス
スポンサーリンク


私は去年の段階で2020年の1.4のメインは、日本で人気の内藤選手と海外で断トツ人気のケニー選手がIWGPをかけて闘うと思っていました。

こんなイメージです

そこで内藤選手が勝ってデ・ハ・ポン締めなのでは??と思っていました。

その願望通り去年の6月にケニー選手がオカダ選手からIWGPのベルトをとったからいよいよやな~なんて思ってたんですよ。


ですが今年ケニー選手がAEWに行ってしまって(泣)

ゴールデンラヴァーズ復活したのに何の為の復活やったんやろ?

バレットクラブの内紛も一体何やったん?

ケニーは自分のやりたいことをやるだけやって、いろいろ回収せずにフェイドアウトかいな(怒)と思っていました。


でもケニー選手がインタビューで、AEWの副社長やけど新日本プロレスにも出れる契約ですよ~とか言うからちょっと期待してたんです。(かなりかな?)

もしかしたらどこか美味しいタイミングで出てきてくれて内藤選手に絡んでくれるのではないかと。。。


スポンサーリンク

ケニーの参戦が難しくなったのか?


BOSJでエル・ファンタズモ選手がバレットクラブに加入し、今回ジョン・モクスリー選手を投入してきたという事はやっぱりケニー選手の参戦がむずかしくなったからではないんでしょうか?

AEWの副社長という肩書があるから新日本プロレスに参戦するのはむずかしいのかな?まずはAEWの事に注力しないといけないのかな?


新日本プロレスもケニー選手の状況をみてケニー以上にネームバリューのある選手の参戦を考えたのではないでしょうか?


2020年ドーム2連戦に向けて


6月5日の両国大会でジョン・モクスリー選手がジュース・ロビンソン選手に挑戦することが決まりました。


これはIWGP USのベルトをジュース選手からモクスリー選手に渡すということなのでしょうか?

そして2020年ドーム2連戦に向けて、うち(新日本プロレスはジェリコだけじゃないですよ~。

うちにはモクスリーもいますから!!ドーム2連戦見に来てね!!っていう半年かけてのプロモーションなのかもしれません。

モクスリー選手はWWEで中心にいた選手らしいので、海外からドームに観戦にくるお客様も増えるかもしれませんね。

でも私はケニー選手と内藤選手の闘いが大好きなのでドームで見たいんです。(まだあきらめてないです!!)

スポンサーリンク

今のオカダ選手に内藤選手が勝つイメージがどうしても(私的に)出来ないのでドームのメインに内藤選手が絡むことが出来るのか?

それともインターコンチとUSを統一という路線に行くのか?答えはもちろん・・・ですね。

ジュニアの大会中なのにジュニア以外の話題を提供してくれる新日本プロレスにまた妄想が止まりません(笑)

※写真は全て新日本プロレススマホサイトより

タイトルとURLをコピーしました