【新日本プロレス】名勝負製造機 石井智宏自分自身との闘い

プロレス
NJPW公式より
スポンサーリンク

2020.9.11(金)後楽園ホール大会 NEVER無差別6人タッグ選手権試合。

同じユニット同士の対決。

終盤石井智宏 vs. SHOを2人が納得する形で闘わせてあげようというCHAOSメンバーの気持ちが見え、またその気持ちにこたえようと2人は気持ちと体をぶつけ合った試合だったと感じました。

私

試合後涙腺崩壊しました(苦笑)

旦那さん
旦那さん

更年期障害ちゃうかな?

娘ちゃん
娘ちゃん

命の母を買ってこようか?

スポンサーリンク

CHAOSのお父さんでもあり、お母さんでもある石井智宏

NJPW公式より

同じユニットだといつも一緒に移動し、控室でも一緒に過ごしていく中で自然と一緒にいる人の人となりが分かって来ると思います。

『あれ?今日はちょっと元気がないな。』とか『今日はめっちゃテンション高いからいい事あったんかな?』なんて事も同じユニットに所属していると分かるようになります。(妄想)

いつも一緒にいるからこそ調子の良し悪しや、その人のいいところが他のユニットの選手よりも分かっているのではないかと思います。

ユニット同士の闘いが胸アツな闘いになる理由は、相手選手の調子の良し悪しや、特徴がいつもそばで見ているので分かるからではないでしょうか。

また他のユニットには負けない闘いをするぜ!!というプライドもあるから自然と胸アツな闘いになるのではないでしょうか。

そんなCHAOSの中で石井選手は最年長です。

私

今年45歳!!(12月10日が誕生日)

石井選手はCHAOSのお父さんであり、お母さんなのかもしれません。

そのCHAOSのお父さんでもあり、お母さんでもある石井選手は、真面目で不器用(?)なSHO選手の前に立ちはだかりました。

石井選手は自分が立ちはだかることでSHO選手に試練を与え、それを乗り越えるために試行錯誤することがSHO選手の成長につながると考えていたのではないでしょうか。

いつもは寡黙な石井選手がバックステージでコメントを残し、リング上でもSHO選手を称えていたように感じました。

石井「(※1人で現れ)よし! 田中(SHO)、悔しいだろう? あれだけタンカを切って負けたんだからな。でも気にすんなよ。あいつの悔しい気持ちがどれだけ大きいか知んねぇけど、その悔しさが大きけりゃ大きいほど、それを乗り越えたとき、そのぶん強くなるよ。田中! 毎試合、こういう気持ちで来いよ、コラ! あぁ!? 俺が相手だろうが関係ねぇんだ。毎試合、こういう気持ちで相手に向かっていけ。まあ、悔しい思い、辛い思い、情けない思い、これをたくさんした人間っていうのはよ、それを乗り越えたとき、必ずそれ以前よりも大きい力を発揮すんだ。田中、お前なら大丈夫だ。まあ、偉そうに言ってるけどよ、俺も常に、俺の前に、高い壁が立ちはだかんだよな。乗り越えても、乗り越えても。だからいまから、その壁を乗り越えようとしてんだよ。待っとけよ『G1』(※と言って1人で先に立ち去る)」

9.11新日本プロレスバックステージコメントより

お互いに心と体をぶつけ合った後にこんなコメントをもらったら泣いてしまいます!!

そして名勝負製造機と言われる石井選手にも常に壁が立ちはだかる状況の新日本プロレス。

でも石井選手のいう壁は他人ではなく石井智宏自身なのではないかと感じました。

名勝負製造機 石井智宏自分自身との闘い

プロレスは1人では出来ません。(※飯伏選手を除いて)

相手の良さも引き出しつつ自分の持ち味も出して勝つなんてめっちゃ難しい仕事です。

石井選手は以前新日本プロレススマホサイト(月額たったの330円)のインタビューで『名勝負をした記憶がない。満足した試合はない。』と発言していました。

ヘビー級の中で身長が170cmしかないというハンディを努力でカバーし続け、気持ちの伝わる闘いにいつもファンは魅了されています。

志が高く、今現在の自分自身に満足せず常にもっと~もっと~と努力し続け常にアップデートし続ける石井智宏。

そんな石井選手も今年45歳!!

体の衰えや、今まで蓄積されたダメージなどとも闘っていかなければなりません。

でも名勝負製造機だけに故障はあり得ません!!

G1 CLIMAX 30でも名勝負製造機という名にふさわしい熱く気持ちの伝わる闘いを私たちファンに魅せてくれるはずです!!

私

そんな名勝負製造機石井選手のG1は9月19日鈴木みのる戦から始まりま~す♪

最後までお読みいただきありがとうございます。応援クリック頂けると励みになります↓


人気ブログランキング