【新日本プロレス】SHOがGLEATだった夜

プロレス
njpw公式より
スポンサーリンク

2021.7.1 GLEATの本旗揚げ戦に1人で乗り込んで行った新日本プロレス所属のSHO選手。

ポッドキャスト【SHOのしびれない話】で今回GLEATに参戦する意気込みが語られました。

ポッドキャスト収録段階ですでにプレッシャーモードで、いつも以上に喋れないと語っていました。

伊藤選手はGLEATを背負い外敵を迎え撃つプレッシャーと闘っていると思うし、SHO選手自身も新日本プロレスを背負って他団体のメインに出るプレッシャーと闘っている。お互いのプライドをかけた闘いとなると語っていたSHO選手。

ポッドキャストを聴いていて私が一番気になったのは『腸内環境を整えないと』と語っていたことです。

スポンサーリンク

【新日本プロレス】SHOがGLEATだった夜

自分の人生にとってこの一戦は今後何かあるたびに思い出すであろう大事な試合と語っていたSHO選手。

伊藤選手より先にリングインし、伊藤選手を待つSHO選手の顔を見ていると私にも緊張しているのが伝わって来ました。

試合が始まるといつも見ているムーブを出しながらいつもとは違う緊張感のある闘い。

SHO選手がフラフラになりながら立ち上がる姿に何度声を上げて娘にうるさいと言われたことか・・・。

海外で総合格闘技の試合に出た時も自分の身になると思ってやってたのが今回のGLEAT参戦に繋がっている。いまを大事に生きていれば今後に繋がっていくと語っていたSHO選手。

ちょっと前のSHO選手だと考えられない【これから先につながるコメント】を残しました!!

SHO「GLEATファンのみなさん、どうも新日本のSHOです。俺がやることは、ただ一つ。相手が新日本の選手だろうが、こうして他団体の選手だろうが、俺は反対コーナーに立つ相手をどんなルールだろうが、どんな体重してようが、何人であろうが関係ねえ。倒すだけだ。俺にやれることはそれだけだ。ただ、それをやっただけだ! でも、伊藤選手……いいね。いいね! これを点で終わらせるか、それとも線に繋げるか? 伊藤、伊藤選手……、いや伊藤! おまえ次第だ!」

7.1GLEATバックステージコメントより

男子三日会わざれば刮目して見よという慣用句があります。

常に努力し続けている人はちょっとしたきっかけがあれば大きく変わることができるという意味だと解釈しています。この慣用句はSHO選手に当てはまるのではないかと感じました。

昨年のBEST OF THE SUPER Jrでジュニアのカリスマ高橋ヒロム選手を倒したSHO選手。

今年こそはとポッドキャストで語っていた通り、今回GLEATに参戦したことにより今までとは違うGREATなSHOをファンに魅せてくれるはずです!!

SHO選手ならそう遠くはない未来に、IWGPジュニアヘビー級ベルトを腰に巻いたGREATな姿を見せてくれるのではないかと感じた夜でした。

本日新日本プロレス後楽園ホール大会で何かが起こるかも???

最後までお読みいただきありがとうございます。応援クリック頂けると励みになります↓


人気ブログランキング

プロレス新日本プロレス
スポンサーリンク
お読みいただきありがとうございます。応援クリックいただけると励みになります

お読みいただきありがとうございます。応援クリックいただけると励みになります

日々プロレスのこと