新日本プロレスWRESTLE KINGDOM16 鷹木信悟の絶対に負けられない戦い

プロレス
njpw公式より

第3代 IWGP世界ヘビー級王者鷹木信悟。

2021年はIWGP世界ヘビー級王者としてコロナ禍の新日本プロレスを引っ張り、2021年プロレス大賞MVPも獲得しプロレスラーとしてノリに乗っている選手です。

そんな鷹木信悟には絶対に負けられない戦いが控えています。

絶対に負けられない戦いオカダ・カズチカ戦

2022.1.4は、G1 CLIMAX 31覇者のオカダ・カズチカ戦。

IWGP世界ヘビー級王者としてG1に参戦するも優勝できず、オカダ選手から【あなたの背中じゃ新日本プロレス50周年を背負えない】と言われる始末。

オカダ選手が鷹木選手に対して『チャンピオン初心者』、『強いレスラーだけど強いだけ』という発言は、オレが新日本プロレスを引っ張って来たし、カネの雨を降らせてきたというプライドがそう言わせるんだと思います。

私

オカダ選手にしか言われへん発言やわ~♡

実績あるオカダ選手が、鷹木選手相手にマウントを取り、挑発してくるところにかなりワクワクさせられます。

新日本プロレスで今現在最高峰のベルトを巻いてる鷹木選手も、こんなマウントの取られ方をしたら内心いい気持ちはしないはず!!

1年活躍しただけの選手が、新日本プロレスの象徴ともいえるオカダ・カズチカを倒しその先に控えている難敵ウィル・オスプレイ戦に進むことが出来るのか???

娘ちゃん
娘ちゃん

信悟は勝たな2021年は何やったん?ってなりそう

絶対に負けられない戦いウィル・オスプレイ戦

オカダ戦を勝ち抜いた先には、難敵ウィル・オスプレイ戦が待っています。

ウィル・オスプレイは、第2代IWGP世界ヘビー級王者。

そのオスプレイと5.4 IWGP世界ヘビー級選手権試合で戦い敗れた鷹木信悟。

オスプレイが首の負傷でベルトを返上したことにより、鷹木選手がIWGP世界ヘビー級王者となりました。今回オスプレイに勝たなければ、『やっぱり暫定王者やったんやな』と言われてしまう可能性があります。

2021年新日本プロレスを引っ張ってきた鷹木信悟・・・2021年新日本プロレスを引っ張ってきたIWGP世界ヘビー級王者である鷹木選手が、暫定王者と呼ばれて欲しくなーーーい!!

名実ともに第3代 IWGP世界ヘビー級王者と呼ばれるためにも、鷹木信悟はウィル・オスプレイ戦に絶対に勝たなければなりません。

過去の対戦成績を見ると、鷹木信悟 vs. ウィル・オスプレイは3勝1敗でオスプレイ優勢。なかでも圧倒的な強さを見せつけ勝利した、レスリングどんたくでのオスプレイが忘れられません。

しばらく新日本プロレスを離れていたオスプレイは、海外マットでUNITED EMPIREの勢力を拡大していました。

このドーム大会でウイル・オスプレイが勝利し、UNITED EMPIREをユニットとしてさらなる高みに持って行くことが出来るのか???

それとも前回のオスプレイ戦を完敗だと語っていた鷹木信悟が、この負けられない戦いを制することが出来るのか???

鷹木信悟はウィル・オスプレイを倒し、真のIWGP世界ヘビー級王者となることが出来るのか???

そんな東京ドーム大会まで残りわずか。

最後までお読みいただきありがとうございます。応援クリック頂けると励みになります↓


人気ブログランキング