新日本プロレスにCIMA参戦と鷹木信悟敗戦は新たなうねりを生みだす

プロレス
njpw公式より

新日本プロレスWRESTLE KINGDOM16 ニュージャパンランボーに #STRONGHEARTS の CIMA登場!!

昨年GLEAT本旗揚げ戦に、新日本プロレスからSHOが参戦しました。近い将来、新日本プロレスに#STRONGHEARTSからT-Hawkとエル・リンダマンが参戦すると思っていました。↓↓↓

私

まさかのCIMA登場にテンション上がったわ~🎵

ツイッタートレンドにもCIMAが入ったということは、それだけ反響があったという事。反響があった選手との関係をドーム大会だけで終わらすなんてもったいない!!と新日本プロレスも考えているはずです。

CIMAはKOPW2022決定戦に進むことになりました。また#STRONGHEARTSのT-Hawkは、1.10タカタイチマニア3に参戦します。

これから#STRONGHEARTSが、新日本プロレスに継続参戦するなら、1.5KOPW決定戦もしくは、1.10タカタイチマニア3で鈴木軍メンバーとの間に何らかの動きがあるはずです。

エルマノと呼び合うTAKAみちのくと共闘する可能性もあります。

新日本プロレスにCIMAが参戦したこと、1.4IWGP世界ヘビー級選手権試合で鷹木信悟が敗れたことで、新日本プロレスに新たな転機が訪れると確信しました!!

2021年新日本プロレスを引っ張ってきた鷹木信悟は、元ドラゴンゲート所属。今回登場したCIMAも元ドラゴンゲート所属の選手。鷹木信悟は、デビュー当時CIMAに可愛がられていたイメージがあります。

その2人が同じ空間にいて挨拶だけで終わるとは思えません。

今回鷹木信悟がオカダ・カズチカに敗れたことにより、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを脱退し、新日本プロレスに新たなうねりを生むユニットを立ち上げる可能性もゼロではないはず。

鷹木信悟の立ち上げたユニットに#STRONGHEARTSメンバーや、過去CIMAからマイクの特訓を受けていたノア参戦中のEitaも加入すれば、新日本プロレスのジュニア戦線に大きな変化が起こる可能性もあります。

CIMAは色んなチャンネルを持っています。ヤングバックスとも交流があるので、CIMAが新日本プロレスに参戦することにより、新日本プロレスとは違う窓口からAEWの選手が参戦する可能性も否定できません。

新日本プロレスは50周年。

通常のやり方とは違う手法でこの50周年を盛り上げるはず。

CIMAには、新日本プロレスとの関係を点で終わらせることなく線につなげて欲しい。そう思っているのは私だけではないはずです。

最後までお読みいただきありがとうございます。応援クリック頂けると励みになります↓


人気ブログランキング