新日本プロレス 1.4 WRESTLE KINGDOM17は新たな展開の始まりになる

新日本プロレス
njpw公式より

2023年の1.4 WRESTLE KINGDOM 17はアントニオ猪木追悼大会。

過去1.4 WRESTLE KINGDOMで、どのようなことが起こったのか調べてみました。

メインイベント起こったこと
2023ジェイvs.オカダ???
2022鷹木vs.オカダニュージャパンランボーにCIMA登場
柴田勝頼 vs. X のXは成田蓮
2021内藤vs.飯伏飯伏幸太が内藤哲也を破り2冠王者となる
2020オカダvs.飯伏第0試合でスターダム提供試合が行われる
獣神サンダー・ライガー引退試合
2019ケニーvs.棚橋IWGPヘビー級選手権試合棚橋弘至がケニー・オメガに勝利
バックステージでジェイが挑戦表明
2018オカダvs.内藤内藤哲也1.4ドームのメインにたどり着くもオカダ・カズチカに敗れる
2017オカダvs.ケニータイガーマスクWスペシャルシングルマッチが行われる
2016オカダvs.棚橋IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカが棚橋弘至を破り金の雨を降らせる
2015棚橋vs.オカダ棚橋弘至がオカダ・カズチカを破りIWGPは遠いぞとマイクアピール
2014中邑vs.棚橋IWGPヘビー級選手権試合オカダvs.内藤がセミファイナル
IWGPインターコンチネンタル選手権試合中邑vs.棚橋がメインイベントとして行われた

アニメのキャラクタータイガーマスクWが現れたり、スターダムの試合が行われたり、他団体の選手が参戦し、その後継続参戦へと繋がったりしました。

ところが大きな事件(乱入など)は起こっていません。

今年の1.4は、50周年記念大会〜闘魂よ、永遠に〜と銘打たれた大会。

50周年大会をオカダ・カズチカが『カネの雨が降るぞ〜!!』と締めるのではないかと思っていました。

でも今までの50年とこれからの50年は、大きく異なるということが示される大会となる可能性があります。

新日本プロレスにIWGP女子王座が新設されました。

これからもっと〜もっと〜海外に進出していくために、私はバレットクラブのリーダージェイ・ホワイトが勝つ可能性が高いのではないかと思っています。

ジェイが勝った後のマイクは全く想像できないし、会場の雰囲気も混沌となりそう。

でもその混沌とした中、51周年が始まるなんてどう考えても面白そう♬

元バレットクラブメンバーがリング上に集結し、プロレス団体ボーダーレス始まりの年になる可能性もあるのでは?

新日本プロレス50周年記念大会がどのような結末を迎えるのか?

しっかり目を見開いて見届けたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。応援クリック頂けると励みになります↓


人気ブログランキング