飯伏幸太なら世界に向けて自由な発想でベルトを輝かせるはず

プロレス
njpw公式より
スポンサーリンク

2021.1.4 WRESTLE KINGDOM 15 内藤哲也 vs. 飯伏幸太戦で飯伏選手が勝利し、IWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタル王座に輝きました。

飯伏『僕は一人でもファンの方がいるんであれば、別に僕を見たいわけではなくて、プロレスを見たいという人が一人でもいれば、どこでもタイトルマッチをやります。どこでもなんでも大丈夫です。もっともっとプロレスを広めていきたい。(中略)2021年は飯伏幸太の年にしたいし、僕だけじゃなくてプロレス界全体を盛り上げていきたい。』

1.4バックステージコメント

間髪入れず2021.1.5 飯伏幸太 vs. ジェイ・ホワイト戦で2冠王座を防衛し神になりました。

1.4では31分越え、1.5では48分越えの試合。

いくら体がキツくても団体を代表するチャンピオンだから試合をしなければいけない。そしてチャンピオンはただ試合をすればいいだけではありません。

終始おジェイが攻めているのを受け切り、勝利した飯伏選手。

私

1.5の飯伏幸太 vs. ジェイ・ホワイト戦でサブイボが立ちました!!

スポンサーリンク

飯伏幸太は本当の神になった

実は私・・・恥ずかしながら飯伏選手の言った『本当の神になった』の意味がよくわからなかったんです。

もしかしたら・・・

今まで新日本プロレスで誰も思いつかなかったこと、出来なかったことをするために生まれたチャンピオンなのかもしれません。

言いたいことがあります。この“最高”のベルト、インターコンチのベルトと、“最強”のベルト、IWGPヘビー級のベルト、これを、一つにしたい。僕は“最高”も“最強”もほしいし、誰もインターコンチだけ挑戦したり、IWGPヘビーだけ挑戦したりしてない。じゃあ何の存在意義があるんですか、2冠に。僕は、これを一つにしたいと思います。そして、本当の夢を叶えたいと思います。ここから、プロレスはどんどん広がると思います。広めるために、僕は一つに統一したい。(中略)僕の本当の夢は、プロレスを本当に世界一の競技にしたい

1.5バックステージコメントより

プロレスを世界一の競技にするためにもっともっとプロレスを広めたい。

プロレス界全体を盛り上げるために2冠の存在意義について触れ、IWGPヘビー級とIWGPインターコンチネンタル王座を1つに統一したいと語ったのではないかと思えて来ました。

2021.3.4旗揚げ記念日バックステージコメントで語っていた『もっと自由なベルトにしたい。もっと自由さを出していきたい。それを世界に向けて行きたい。』をすでに実行しています!!

2021.2.11広島サンプラザホール大会で飯伏幸太 vs. SANADAが決まり、2冠王者として今までとは全く違う角度からプロレスを盛り上げようとした飯伏選手↓↓↓

挑戦者SANADA選手が喋らないなら、今まで誰も思いつかなかった方法で盛り上げようと思ったとか?

IWGPヘビー級ベルトに憧れ新日本プロレスに入団した新日本プロレスしか知らない選手には発想できない言えないこと。

でも他団体を経験し新日本プロレスに入団した飯伏選手だったからこそ柔軟で自由な発想が【ベルトの統一】発言につながったのではないでしょうか?

新日本プロレスがIWGP世界ヘビー級王座新設についての発表が早かった理由

今回、大阪城ホール大会でIWGPインターコンチネンタル王座戦が終わった翌日に新日本プロレスからIWGP世界ヘビー級王座新設の発表がありました。

新日本プロレスがIWGPヘビー級&IWGPインターコンチネンタル王座を統一し、IWGP世界ヘビー級王座の新設に向けての発表がなぜ早かったのか考えてみました。

何事も新しいことを始めるには根回しが必須です。

今回ベルト新設に向け急激にコトが動きすぎて、正直私は心がついて行きませんでした。

新日本プロレスはベルト新設について一刻も早く発表しなければいけなかった。

娘ちゃん
娘ちゃん

なんで?

新日本プロレスは、今回の大阪城ホール大会であったIWGPインターコンチネンタル王座戦のみを扱う危うさを感じていたのかもしれません。

2冠王者にIWGPインターコンチネンタル王座だけに挑戦し挑戦者が勝った場合、IWGPヘビー級の持つ新日本プロレスナンバーワンのイメージが崩れてしまいます。

団体としてIWGPヘビー級とインターコンチネンタル王座を分けて防衛戦をすることはかなりリスクがあることだと感じていたのではないでしょうか?

だから頑なにIWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタル王座のベルトを分けて挑戦させなかったのでは?

新日本プロレスのIWGPヘビー級・IWGPインターコンチネンタル王座統一という決断が早かったのは、IWGPヘビー級王座のイメージや歴史を守るためなのではないかと思えて来ました。

飯伏幸太なら世界に向けて自由な発想でベルトを輝かせるはず

2021.3.4旗揚げ記念日対エル・デスペラード戦で勝利し、初代IWGP世界ヘビー級王座に輝いた飯伏選手。

飯伏選手のキャッチフレーズになっている【逃げない!!負けない!!あきらめない!!そして裏切らない!!】という言葉。

どんなに逆風が吹いても絶対に逃げず、諦めずについ進んで行くという覚悟が見てとれます。

飯伏選手ならベルトを統一したその先を私たちファンに必ず魅せてくれるはずです!!

過去自由に色んな場所で戦い、時には人形ともプロレスをしてきた飯伏選手。

今現在飯伏選手は少し窮屈そうに見えます。

チャンピオンは、新日本プロレスを背負うのでそのプレッシャーや重責はかなりのものだと思われます。

でも飯伏選手が新しいベルトを巻き、キャッチフレーズ通りに突き進んでいけばきっとその先には光が見えるはずです。

新日本プロレスで飯伏選手がもっと自由にプロレスが出来た時どんな光景が広がっているのか?

私はその光景を見たくて仕方ありませんっ!!

最後までお読みいただきありがとうございます。応援クリック頂けると励みになります↓


人気ブログランキング