【新日本プロレス】2022年50周年に向けアメリカから選手が来日?

プロレス
njpw公式より
スポンサーリンク

先日アメリカでAEWのチャック・テイラー、トレント・バレッタ、オレンジ・キャシディ、クリス・スタットランダー、NJPW STRONGでおなじみウィーラー・ユウタがCHAOS入りしました。↓↓↓

新日本プロレスとAEWの選手が両団体で活動する最初の年となった2021年。

2022年は選手が両団体を股にかけて活躍する年になる予感がします。

スポンサーリンク

新日本プロレス2022年もアメリカ大会目白押し

今年2021年もNJPW STRONGとしてアメリカ大会を開催してきた新日本プロレス。

来年のスケジュールが発表されました。

今年はバレットクラブのリーダージェイ・ホワイト、ヒクレオがアメリカを中心に活動。

またIMAPACT WRESTLINGのクリス・ベイがバレットクラブに加入したりとアメリカでは団体を超えた交流がすでに始まっています。

ジュース・ロビンソン、デヴィッド・フィンレーはIMPACT WRESTLINGでタッグ王者になったりと軸足をアメリカに移しています。

来年もアメリカで定期的に大会を開催するという事は、外国人選手の数名は日本ではなくアメリカを中心に活動するということ???

私

え⤵⤵⤵

おジェイを日本で見られへんの?(号泣)

2022年50周年に向けアメリカから選手が来日?

日本では新型コロナウイルス新規感染者数が減少しています。

外務省HPでワクチン接種証明書保持者による入国制限の見直しがされ、入国後最短で4日目以降の行動制限の見直しが認められました。

いままではアメリカで団体を超えた交流が行われて来ましたが、日本でもこれから他団体の選手や、NJPW STRONGに出演している選手がなだれ込んで来てもおかしくない状況です。

先日アメリカサンノゼ大会が行われました。

そこではNEVER無差別級選手権試合ジェイ・ホワイト vs. 石井智宏が行われ、石井選手がNEVER無差別級王者に輝きました。

njpw公式より

ジェイ「イシイ…(激しく咳き込み始める)イシイ…イシイ…勝ったのはオマエだ。イシイの野郎…オマエが勝ったんだ。」

11.13サンノゼ大会バックステージコメントより

この表情とこのコメント。

今年1.5東京ドーム大会で飯伏幸太に敗れた後、ジェイ・ホワイトがジェイミーを出して来たことを思い出しました。↓↓↓

しばらくの間姿を消していたかと思いきやジェイ・ホワイトが乱入↓↓↓

私

これは・・・乱入するよね???

東京ドーム大会にジェイ・ホワイトが出場しないなんてことは絶対にありえません!!

12月にジェイ・ホワイトから私達ファンにクリスマスプレゼントと言う名の乱入というギフトをくれるのではないかと期待しています。

新日本プロレスは来年1.4、1.5だけではなく1.8横浜アリーナ大会が行われます。

2022年は新日本プロレス50周年イヤーとして、コロナに負けないカードをファンに提供してくれるはずです。

これから行われる大会にビデオレターでの参戦表明や、選手自ら会場に来てマイクアピールがあるかもしれません。

50周年イヤーの最初を飾るドーム大会&横浜アリーナ大会で行われるドリームカードの発表がいまから楽しみです。

そのドリームカードがいつ発表されるのかしっかりと新日本プロレスワールドでCheck one two!

最後までお読みいただきありがとうございます。応援クリック頂けると励みになります↓


人気ブログランキング