ジェイホワイトの発言によりバレットクラブから目が離せない

プロレス
njpw公式より
スポンサーリンク

IMPACT WRESTRINGに現バレットクラブのリーダー ジェイ・ホワイトが現れ、前バレットクラブのリーダーケニー・オメガ、グッド・ブラザーズと対峙しました。

そのグッド・ブラザーズは、2021.7.31 NJPW STRONGでTAG TEAM TURBULENCEを制しました。

シンニホンプロレス、新日本プロレス…。グッド・ブラザーズの“The Big LG”と“ザ・マシンガン”が帰って来たぜ。・・・これで俺たちギャローズとアンダーソンにはIWGPタッグ王座への挑戦権利があるだろ。俺の言っていることを聞いているか!? 俺たちはIWGPタッグ王座を取り戻したい。そのために帰って来たんだ。なぜならギャローズとアンダーソンがイチバンだからだ

7.31アンダーソンマイクアピール

今年に入ってタマ・トンガが元バレットクラブメンバーのケニーオメガ、ヤングバックス、グッドブラザーズとツイッターを通してやり合っていました。

また以前ジェイ・ホワイトはこんな発言をしていたので↓↓↓

ジェイ『・・・ここにいる俺たちこそが正真正銘のバレットクラブだ。パクリの、Tシャツ売ることしか頭にない再結成で浮かれてる連中とは違う。でも、お前らはどうせあいつらのグッズを買うんだろうな? 本物のバレットクラブとは何なのか教えてやろう。俺たちは常に変化しながら大きくなっていくユニットだ。過去の思い出に囚われることはない。・・・』

2021.2.1後楽園ホール大会バックステージコメントより

これで2022年の東京ドーム大会でIWGP タッグ王者戦と、新旧バレットクラブリーダー対決になるのかと思いきや・・・。

どうやらそう簡単な流れにはなりそうにありません。

スポンサーリンク

ジェイ・ホワイトの発言によりバレットクラブから目が離せない

10月10日に配信されたジェイ・ホワイト vs. ロビー・イーグルス戦。

NEVER無差別級王者ジェイ・ホワイトが勝利し、EVILに対し勝手にバレットクラブメンバーを増やしたことについてマウントをとりました。

・・・BULLET CLUBの話をしよう。勝手にBULLET CLUBのメンバーを増やしたみたいだな!? まずEVILについてだ。勝手なことをしやがって。新しいメンバーがSHOだと!? 誰が判断を下すのかを忘れてしまっているようだな!・・・

ジェイホワイトマイクアピール

この発言に噛みついたのがタマ・トンガ!!

ジェイが今年のG1に出るべきだったこと、バレットクラブ残りのメンバーでIWGP ヘビー級ベルトを獲りに行く間、NEVERのベルトをみがいとけよ的なことを語っています。

ジェイ『・・・IMPACTかAEWの誰かと闘いたい。それか『NJPW STRONG』のヤツでもいいな!! 誰が次の挑戦者になるだろうな!? (※指を2回鳴らして笑顔になり、静かな口調で)別にそれをお前に言う必要はないか。(※自分を指さし)なぜならこれからも俺の時代が続いていくからだ。』

バックステージコメントより

タマ・トンガのこのツイート↓↓↓

『彼は知ってると思う?』

『いや知らんと思うで。』

私

怖っ!!

会社で先輩からこんなん言われたらチビるーーー!!

ジェイの『これからもオレの時代が続いて行くからだ』に対して何か不満に思ってるところがあるのかな?

私

もう不穏すぎるーーー!!

タマ・トンガとEVILは仲良しなのかと思いきや・・・

東スポの記事でEVILがハウスオブトーチャーで新日本プロレスで全タイトルを取ることも可能だと発言。

EVILにはタマ・トンガとは違った野望がありそうです。

昨年のG1 CLIMAXジェイ・ホワイトとEVILの不穏

昨年のG1中、ジェイがEVILに対して

ジェイ『KENTAとの公式戦を見たが、お前とディック・トーゴーのダーティープレーには心底ガッカリした。お前のためを思って忠告してやるが……あれは許せない。お前はBULLET CLUBのサポートがなければ、今の地位には上がれなかった。お前が『NEW JAPAN CUP』を制覇できたのも、BULLET CLUBの力があったからだ。オリジナルのBULLET CLUBのTシャツまで作ってもらえて、優勝できたのもお前ひとりの実力じゃないぞ。心からゲドーに感謝するべきだ。BULLET CLUBのサポートがなければ、ナイトーを倒すこともできなかっただろ。ジュニアの小物からは防衛できたかもしれないが、あっという間にナイトーにベルトを取り返された。そもそもBULLET CLUBが付いてなければ、お前程度のヤツなんて2冠王者にはなれなかったんだ。お前は態度を改めるべきだ。もう一度、忠告しといてやる。お前はBULLET CLUBなしじゃ、今のポジションに立つことなんてできなかった。』

2020.10.5バックステージコメントより

バックステージコメントでお互い挑発しあい・・・

EVIL『・・・それとジェイ。じゃあ、もうマインドゲームは終わりにしてやるよ。どうやら、闘わねえと、わからないみてえだな。近いうちに、あるかもな……。』

2020.10.14バックステージコメントより
私

バレットクラブで何かが起こる???(ワクワク)

石森『しばらく見ない間にジェイとEVIL、揉めてんの? どうなんだよ。コメント見て、俺ヒヤヒヤしちゃったよ。・・・バレットはフルでメンバー揃ってないから、なるようにしかなんねえけど、仲良く行こうや』

2020.10.18バックステージコメントより

バレットクラブ内での闘いが起こるのかと思いきや、いつの間にかジェイ・ホワイトと、EVILの不穏な動きはなくなりました。

今現在表立った動きが見えないだけで、水面下で何か動いてるのかもしれません。

もしかしたらハウス・オブ・トーチャーを立ち上げた理由は、昨年のこのジェイとのやり取りに起因しているとか???

今年に入ってからタマ・トンガからジェイ・ホワイトに投げかけている数々のツイート。

昨年のEVILとのやり取りよりもっと~もっと~不穏な雰囲気がするのは気のせいでしょうか?

ジェイ・ホワイトはこれからもアメリカ大会に出場するので、まだまだ来日できそうにありません。

タマ・トンガとジェイ・ホワイトの不穏な闘いの先には団体を超えた大きな闘いがあることを期待しています!!

私

その前にセコンド対決見たいわ~。

セコンドコントラセコンド3WAYとか🎵

旦那さん
旦那さん

外道vs.邪道vs.ディックさんって見たすぎ!!

最後までお読みいただきありがとうございます。応援クリック頂けると励みになります↓


人気ブログランキング